このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.6.22
Topics

昼は伴助の干物が食べられる一夜干定食屋「寅次郎食堂」、夜は江戸めしと日本酒、昼と夜でこだわりの料理が楽しめる二枚看板の「人形町 寅次郎」がオープン!!

2021年6月22日、日本の食文化を継承し、伝統ある生産者を支援するため、昼は福島県いわき市小名浜の脂が乗った身厚な干物「伴助」を始め全国の一夜干を愉しめる一夜干定食屋「寅次郎食堂」、夜は福島県酒造協同組合様と提携し都内ではお目に欠かれない大自然の恵みをうけた希少な日本酒と福島県銘柄鶏「伊達鶏」や「伴助」を始め、天ぷらやつまみ寿司、鰻の蒲焼等の江戸めしをご堪能いただける「人形町 寅次郎」の2枚看板店舗をオープンしました。

 

日本のファンを増やすべく、現在の和食の礎になっている食文化が花開いた江戸めしにフュ―チャーし、気軽に食べられる屋台飯を楽しめるほか、当社社長の故郷であり、江戸幕府と密接な関係にある会津・福島の伝統ある生産者とコラボし、往時も江戸に送られたであろう日本酒やひもの、鶏肉など、昼も夜も楽しめる看板メニューを用意しました。

また、日本の伝統工芸を守りたい思いから工芸家である会津商家「竹藤」の許諾の元、会津の唐人凧のモチーフを店内に描き出し、多くの方に伝統工芸の存在を知ってもらえるよう江戸の料理屋の世界観を演出しております。

江戸時代に花開いた料理の数々を、江戸の風情を感じる世界観で味わうことができます。
気軽に暖簾をくぐって専門料理とお酒をお愉しみください。
皆様のご来店心よりお待ちしております。

このエントリーをはてなブックマークに追加