このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.4.14
Restaurant

「鳥幸」の店名を冠した『八ケ岳鳥幸地鶏』使用!4月18日(月) アークヒルズに“スペイン坂鳥幸” OPEN!

4月18日(月)、アークヒルズのアーク森ビル 1階に『スペイン坂 鳥幸(スペインザカ トリコウ)』をオープンいたします。職人こだわりの焼鳥と、ワインを本格的に楽しめる焼鳥店「鳥幸」ブランドの6店舗目となる同店。カウンター席・テーブル席・個室を完備し、様々なシチュエーションや用途でご利用頂けます。

アーク森ビル鳥幸イメージCG-カウンター 0328-1

また、近隣企業で勤務する外国人や、訪日外国人の利用も見込める当店では、英語対応可能なスタッフの配置、ベジタリアン用や英語表記メニューもご用意し、海外ゲストにご満足いただける店舗づくりにも力を入れます。

 

●焼鳥の部位によって美味しさを追求した鶏を、「中村農場」と開発!
“スペイン坂 鳥幸” では、柔らかく繊細な肉の旨味が特徴の『八ケ岳 鳥幸地鶏』を使用。

鳥幸イメージ『八ケ岳 鳥幸地鶏』など、厳選した鶏肉を使用し、希少部位を含む多彩な焼鳥をご用意しました。焼鳥の美味しさを追求すると、鶏は部位ごとに適した飼育法・餌が異なります。同店では山梨県八ケ岳にある「中村農場」と共同で開発をした『八ケ岳 鳥幸地鶏』が、「かしわ・ねぎま・ソリレース」に使用されます。

複数の塩・タレ・醤油タレを部位の特徴によって使い分けて味付けを変え、また焼き台に温度の変化を持たせ、最適な焼き加減でお客様にご提供します。一串一串、備長炭の上で職人が丹精込めて焼き上げる焼鳥は、口に入れると纏った炭の香りが鼻に抜け、ジューシーな鶏の旨みが口いっぱいに広がります。

【中村 努】
八ケ岳、富士山、南アルプスの大自然に囲まれた「中村農場」のオーナー。
“本当に美味しいものを届けたい!” という想いのもと、餌と環境にこだわり、八ケ岳山麓の地下を飲み、ハーブを配合した独⾃の餌を与えられて育つ鶏肉・卵は全国からオーダーが絶えない。惜しみない探究心と長年の経験により、餌の配合を変えることで、イメージする肉質を持つ鶏や卵を生み出す。

 

●日本を代表するソムリエ「大越基裕氏」によるワインと日本酒のセレクト

JAL(日本航空)のワインアドバイザーとしても活躍している「大越基裕氏」に、ワインと日本酒のセレクトを依頼。大越氏が「鳥幸」の焼鳥に合わせて世界中から厳選した、ワイン60種以上・日本酒20種以上をご用意いたしました。こだわりの焼⿃と、その魅力を引き立て合うことの出来るワイン・日本酒の組み合わせで、更なる食の楽しみをご提案します。

Okoshia【大越基裕】ワインテイスター、ソムリエ
バーテンダーからサービス業界に入り、ワインに魅せられ渡仏し帰国後ソムリエになる。2001 年より銀座レカンのソムリエとして入社。様々なコンクールや実践で経験を積んだのち、更にワインの奥深さを知るために再渡仏。栽培学と醸造学を学び帰国。2009 年に銀座レカンのシェフソムリエに就任。
2013 年6月より独立しワインテイスターとして活動。ワインの本質、マリアージュの素晴らしさを伝えることをモットーに、日本とフランスのデュアルライフを送る。最新情報をもとにワインコンサルタントやレストランのワインディレクター、アカデミーデュヴァンでの講師や講演、執筆、テイスティングコメントの発表、All About ワインガイド、後進指導など常にワインの分野で精力的に活動し、2016年には日本航空のワインアドバイザーに迎えられ、さらに活躍の場を広げている。また日本酒や焼酎、カクテルなどと食のマリアージュの提案も行っている。

 

●焼鳥店の新しい“〆” は、「冷麺」で

同店では、焼鳥を召し上がった後の新しい〆の一品として「鳥幸冷麺」がメニューに加わります。鶏ベースの和風出汁のスープに、鶏の出汁を凍らせた氷を浮かべ、叩いた梅と薬味を添えました。ごたえのある麺がスープにからみ、あっさりとした味付けが、焼鳥を楽しんだ後の〆に最適です。これから迎える夏に向けて、美味しく涼を感じて頂けます。

 

【スペイン坂 鳥幸】

オープン :2016年4月18日(月)
所在地  :東京都港区⾚坂1-12-32 アーク森ビル1F
電話   :03-6441-3848
営業時間 :ランチ 11:30〜14:00(L.O. 13:30)
      ディナー17:00〜23:00(L.O. 22:30)
定休   :無休
店舗面積 :38坪
席数   :56席(個室4名、5名、6名様⽤各1室計3室)
想定単価 :ランチ1,000円ディナー7,000円

このエントリーをはてなブックマークに追加