このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.8.3
Restaurant

『MIFUNE New York』『sushi AMANE』が「GRUB STREET」に掲載されました!!

~この新しいレストランには、日本のトップシェフチームがいる~

GRUB STREET 7/18号
http://www.grubstreet.com/2017/07/mifune-opens-in-nyc.html

mifune-opening-4.w710.h473

ニューヨークのシェフ達は、第2の「Chipotle(カジュアルメキシカン)」を追随するべくファストカジュアルな方向へ進んでいるのは本当のことだ。
同様に中価格帯のレストランはよりいっそう経営が難しくなっている。
ただ、デイビット チャンの「Believes」のように、もし近くのレストランが駄目になったとしても、それは高価格の流れが終わるという事ではない。
最近シティでは、「Akashi」や「Ichimura」「Sushi Zo」など、特に鮨屋において、ハイエンドなオープが盛んだ。
最近加わった、目の飛び出るような金額の鯵があるのは、ミッドタウンイーストの2フロア、2コンセプトからなる、「Mifune」だ。

いくつかの、兵力がここに集結された。
メインメニューは、「Astrance」のPascal Barbotに賞賛され、ミシュランスターを獲得した「Sola」で味噌フォアグラを料理していた吉武広樹だ。(このレストランは、現在火事で閉店)
しかし、吉武はキッチンには入らず、島野雄が行う。(Guy Savoyで働いていた)
薫製マナガツオとグリーンソースや、わさびと醤油の和牛ロースト、フォアグラ卵ライスなど、$120の8皿のテイスティングメニューとアラカルトは共に、ダイニングルームで楽しめる。
食事と共に、エンジェルシェアの後閑信吾が創った「セブンサムライ」などの高価な($18〜$20)カクテルがある。

地下は、鮨である。
このレストランの中のレストランは、「Sushi Amane」といい、東京で最も有名でエクスクルーシブな鮨屋である「鮨さいとう」で7年間修行をした宇井野詩音によって行われる。
さいとうスタイルの前菜と鮨の$250のOmakaseは、8席のカウンターもしくはセミプライベートルームで提供される。

このエントリーをはてなブックマークに追加